ヒカルホタル

食べ歩き、街歩き、旅など好きなコト、モノを綴ります

淡路島に行ってみたら玉ねぎがいろいろとすごかった

クリスマスの時期の話になりますが、初めて淡路島へ行って来ました。
関東にいた頃からずっと行きたいと思ってはいましたが、大阪に引越したので日帰りでも十分楽しめる距離になりました。

淡路島といえば、甘くて美味しい玉ねぎが有名ですね。
淡路島の観光施設ではインパクト大なアピールがされてましたので紹介したいと思います。

淡路島の印象

神戸から明石海峡大橋を渡ると自然豊かな景色が広がります。関東方面でいうと伊豆に似ているかもしれません。
伊豆半島は高速がまだ途中までしかできていないので、南のほうまで行くには結構時間がかかってしまうのですが、
淡路島はずっと高速が通っているので思っていた以上に移動が楽でした。

たまねぎのおもしろアイテム

うずの丘 大鳴門橋記念館

こちらは大鳴門橋から2kmほど手前の丘の上にある観光施設です。
kinen.uzunokuni.com

  • 玉ねぎのオブジェ #おっ玉葱

f:id:hikaruhotaru:20180215150207j:plain
海を臨む絶景と巨大たまねぎでインスタ映え間違いないですね。

  • 大きなたまねぎ型のイス 「おっ玉チェア」

f:id:hikaruhotaru:20180215141946j:plain

  • 景品が玉ねぎのUFOキャッチャー #たまねぎキャッチャー

f:id:hikaruhotaru:20180215145647j:plain
1個キャッチできたらたまねぎ1.5kgと交換できます。
挑戦してみましたが皮がつるつるしているのでなかなか難しく、成功はなりませんでした。

道の駅うずしお

こちらは大鳴門橋のすぐ手前にある観光施設です。
eki.uzunokuni.com
たまねぎのクリスマスツリー #oniontree
f:id:hikaruhotaru:20180215150634j:plain
かわいい…か、な?
クリスマスツリーというより、もはや玉ねぎのなる木ですね 。

ほかにもたまねぎのかつらの貸し出しや顔出しパネルなど様々な企画をされています。
uzunokuni.com
また今後もどのような企画がでてくるのか楽しみです。

淡路島のご当地グルメバーガー

上記2つの施設にある「淡路島オニオンキッチン」というお店でご当地バーガーが食べられます。

  • あわじ島オニオンビーフバーガー

f:id:hikaruhotaru:20180215150011j:plain
このバーガーは2013年全国ご当地バーガーグランプリで1位を受賞しているそうです。
玉ねぎカツと淡路牛のハンバーガー。分厚くカットされた玉ねぎがとても甘くてお肉もジューシー!
正直なところ観光施設にあるハンバーガーにはあまり期待していなかったのですが、
納得のいく味で本当に美味しかったです。
eki.uzunokuni.com

自分お土産用 淡路島産たまねぎ

道の駅で販売されてた「シャルム」という品種の玉ねぎを購入してみました。
写真を撮っていなかったのですが、こちらの濱田ファームさんで作られているようです。
www.awajishima-kanko.jp
調べてみるとその美味しさが評判でTVにも多く取り上げられているようです。
[ご予約承り中]てっちゃんの淡路島新たまねぎ2018年収穫!! 淡路島産たまねぎ |うずのくに 淡路島玉ねぎ、玉ねぎドレッシングや玉ねぎスープ、玉ねぎカレーなど玉ねぎを使った淡路島の特産品を販売

たまねぎの丸ごとオーブン焼きを作ってみた

家に帰ってから早速いただきました。
玉ねぎを丸ごとアルミホイルで包みオーブントースターで30分ほど焼きます。
玉ねぎはしんなりトロリとして、何も味付けしていないのにものすごい甘味と旨味がジュワっとひろがります。
玉ねぎの上の青い部分も一緒に美味しくいただきました。
玉ねぎから出た水分でスープもできました。こちらも完璧な美味しいオニオンスープになっていたので本当に驚きました。
手軽で美味しい最高のほったらかし料理ですね。
この玉ねぎはぜひリピート購入したいです。本当にお勧めです。

最後に

淡路島のたまねぎアピールはアイディアに溢れていて面白くまた訪れてみたくなりました。たまねぎは本当に甘くておいしかったです。
今回の旅は強風でとても寒い日だったので、今度はもう少し暖かい時期に訪れてみたいと思います。