ヒカルホタル

食べ歩き、街歩き、旅など好きなコト、モノを綴ります

立派なインテリアになるお洒落なゴミ箱

進学や転勤などで新しい生活を始められる人が多い時期ですね。私は引越しを何度か経験していますが、今日はいまの家への引越しを機に購入して良かったモノのひとつ、イデアコの「ゴミ箱」を紹介したいと思います。

f:id:hikaruhotaru:20180330231435j:plain

これまで使用していたゴミ箱の不満点

以前の家のリビングで使用していたごみ箱は、色やデザインを気に入って購入したものの、生活していくなかで後から購入した家具などと合わず浮いてしまってました。

f:id:hikaruhotaru:20180330230946j:plain

また、ゴミ箱が汚れないようにビニール袋を使用していましたが、写真のようにふちから袋が出ていると、どんなにごみ箱が良くても生活感がありすぎてちょっと残念な感じに。

現在の家に引越したのを機に、部屋に統一感を持たせたいと思い、ゴミ箱を探すことにしました。

購入したゴミ箱「イデアコ チューブラー オークウッド」

f:id:hikaruhotaru:20180330230713j:plain

あるインテリアショップに立ち寄ったとき、素敵な木目調のゴミ箱を発見して一目惚れ。そのときは用事があり持ち帰りができなかったので、後日ネットで検索しました。

イデアコというブランドのゴミ箱。プラスチック製のゴミ箱に木目のプリントが施されています。

イデアコのチューブラーとは

2006年世界で初めてカバーを被せるだけでポリ袋を隠すという視点を持ったゴミ箱としてTUBELORはデビューした。かっこいいゴミ箱も袋を被せると台無しだが、“TUBELOR”ならインテリアにすっきりなじむ。どんな場所でも見た目を気にせず使えるゴミ箱である。

パリで著名なデザインホテルHotel costesではTUBELORの白が。NYの観光トレンドスポットHi Lineに位置するラグジュアリーホテルNY Standard Hotelでは黒が客室備品として採用されている。

見た目もクリーン、がスタンダード | TUBELOR (ゴミ箱) | ideaco公式ホームページ

f:id:hikaruhotaru:20180331024433j:plain

写真左のゴミ箱本体に右のカバーを被せることによって袋が目立たなくなるデザインです。

いまでは様々なメーカーからこのタイプのゴミ箱が発売されていますが、世界初はこちらのイデアコのチューブラーだったそうです。

そのほか検討した商品

上記のゴミ箱を購入するに当たり、唯一ネックになったのは価格でした。ゴミ箱に5000円も使うべきなのか?

その他の商品も検討してみました。

  • 無地のチューブラー

同じシリーズで無地のものであれば少し価格が抑えられます。色はホワイト、ブラック、ネイビーや上の写真のようなライトブルーなど豊富に揃っています。

  • アジアン調のゴミ箱

バリ島でつくられたアジアンな雰囲気のゴミ箱。こちらも素敵ですね。

かなり迷いましたが、やはり初めに気に入った木目調のほうが我が家のリビングに合うと思い、木目調のチューブラーオムに決定しました。

買ってよかった理由

  • 部屋になじむ

ゴミ箱自体がお洒落なインテリアになっているのでリビングでも浮くことなく他の家具と馴染んでいます。リビングの隅っこではなく、使い勝手の良い好きな場所に堂々と置けるようになりました。

  • ゴミ箱を大切に扱うようになった

これまでは特にゴミ箱を意識することはなかったのですが、これまでより少し値が張るゴミ箱を購入したことでひとつの大切なインテリアとして考えるようになりました。自分の好みや必要性などをよく考えて本当に良いものを選ぶことで、より長くモノをつかえるようになるなと感じています。

まとめ

“たかが”ゴミ箱と思われるかもしれませんが、毎日の生活にはかかせないアイテムのひとつ。隠すように置くより、おしゃれで堂々と置ける“お気に入り”のゴミ箱を選んでみた結果、とても満足しています。皆さんもぜひお気に入りのゴミ箱をみつけてみてはいかがでしょうか。

www.hikaruhotaru.com