ヒカルホタル

旅行やお出かけ、グルメ情報をお伝えするブログ

【フィリピン・ボラカイ】ヘルシーな食事ができる「nonie's eat good, feel good」(ノーニーズ)

ホテルのビュッフェなどついつい食べすぎてしまいがちな旅行中の食事。

ボラカイ島旅行で訪れた、ヘルシーな食事も揃うおしゃれカフェを紹介します。

ボラカイ島ステーション2のお洒落なカフェnonie's(ノーニーズ)

ノーニーズの外観

ステーション2にあるHue Hotels & Resorts(フエ ホテルズ&リゾーツ)1階のテナントとして入店しているノーニーズ。

メインロードに面するホテルに向かって右手の路地を入ったところがお店の入り口です。
新鮮な食材にこだわり、ボラカイ島のあるフィリピン中部のヴィサヤ諸島内から調達し、家族運営のような小さな農家と直接取引をするなど環境や社会への配慮した運営に力を入れているお店です。

古材を活用したテーブルがある店内

前の記事【ホワイトビーチの人気店 "the SUNNY SIDE CAFE" (サニーサイドカフェ)でランチ で紹介したサニーサイドカフェはイエローを基調としたポップな印象のカフェですが、こちらはジャズが流れる落ちた雰囲気の店内でボラカイの人気カフェでもまた異なる趣です。

シックな印象の木とスチールの組み合わせのテーブルや椅子は、地元の古材をリサイクルして作られたものです。

メニュー

文字のみの紙のメニュー表

紙のメニューは文字のみですが、iPadのメニューもあり、こちらは写真で確認できます。

写真つきのipadのメニュー

価格等はお店の公式Facebookページに掲載されています。

nonie'sのメニュー詳細:https://www.facebook.com/pg/noniesboracay/menu/

ノーニーズでいただいた食事

  • バナナジンジャースムージー 190ペソ(約400円)

金属製ストローとバナナジンジャースムージー

スーパーフードのチアシードがトッピングされたバナナジンジャースムージー。

バナナ特有の甘ったるさがなく、さっぱりといただけるスムージーでした。

ストローは金属製のものが使われています。

【ボラカイ島の基本情報と再開後の2019年1月に旅行したときの様子】 で紹介したように再開後のボラカイ島では環境対策に厳しくなっていますので、他のお店でも金属製や紙製などのストローが使われています。

  • ビール:サンミゲル 80ペソ(約170円)

サンミゲルビールの瓶とビールグラス

フィリピンの代表的なビール『サンミゲル』のピルセン。

おしゃれな雰囲気のカフェでは良心的なお値段設定だと思います。

  • スウィートポテトチップス 70ペソ(約150円)

薄切りのスウィートポテトチップス

おつまみに注文したさつまいもチップス。

ぱりっとしていて自然な甘みがあとをひきます。

      • パンプキンスープ 220ペソ(約460円)

大きなボウルに入ったパンプキンスープ

想像より大きな器で提供されたスープに少々驚きました。

生姜が効いたかなりあっさりしたポタージュスープで、あとからほんのりカボチャの甘みがします。 

      • ボウル:チキン ロンガニーサ(BOWLS:CHICKEN LONGGANISA)350ペソ(約740円)

f:id:hikaruhotaru:20190320161509j:image

鶏むね肉のロンガニーサとポーチドエッグ、そしてさまざまな野菜がたっぷり盛り付けられたボウル。

ロンガニーサはフィリピンのソーセージのような料理です。

ベースはご飯ではなく、ハトムギ(adlai)が使われています。

スパイスの効いたお肉は食べ応えがあり、全体的にボリュームはあるけどカロリーは抑えられたヘルシーなボウルはさっぱりといただける一品です。

お店情報

住所:Hue Hotels & Resorts, Station2, Main Road, Boracay, Malay, Aklan 5608

営業時間:9:00~22:00

公式Facebookページ:https://www.facebook.com/noniesboracay

さいごに

ビーチからは離れていて海は見えませんが、ジャズの流れる落ち着いた空間で、食材にこだわった料理がいただけます。

ちょっとした休憩から食事まで利用できるボラカイのおすすめのお店です。