ヒカルホタル

食べ歩き、街歩き、旅など好きなコト、モノを綴ります

【オーストリア/ウィーン】美しいカフェと驚きのケーキの運び方

ウィーンの美術史博物館内にあるカフェ。ガイドブックをパラパラ見ているときにその美しい写真が目に留まり、観光中の休憩を兼ねて利用してみました。

美術史博物館内の美しいカフェ“Cafe KHM”

美術史博物館

旧市街地の王宮のそばにある美術史博物館。

645年に渡り中央ヨーロッパを統治していたハプスブルグ家の美術品が展示されています。

入館料は15€(王宮宝物館とのセットは20€)※ 2018年6月現在

ウィーンパスを購入している場合は、パスの提示で入館できます。

博物館内の美しいカフェ

博物館の2階にあるカフェ。

f:id:hikaruhotaru:20180610183950j:plain

吹き抜けの天井になので、博物館の3階からはこのように美しいカフェを上から望むことができます。

f:id:hikaruhotaru:20180610170926j:plain

壁面や天井の装飾も美しく豪華です。

f:id:hikaruhotaru:20180610171330j:plain

この日のカフェタイムの利用は窓際の席に限られていましたが、窓の外は向かいにある自然史博物館があり、美しいカフェとヨーロッパらしい景色の中でゆっくりとお茶をいただくことができました。

f:id:hikaruhotaru:20180610184627j:plain

衝撃的なケーキの運び方

ショーケースをみて、きれいな色のラズベリーのケーキをオーダーしました。

紅茶とともに運ばれてきたケーキは…

f:id:hikaruhotaru:20180610114641j:plain

「!?」

なんと、ケーキにフォークがぐさりと刺さっています。

あまりに衝撃的な光景。

初めて目にするケーキの姿です。

場所柄、店員さんの悪ふざけとも思えず、何らかの理由があるだろうと思い調べてみました。

すると、こちらはドイツの習慣とのこと。

ドイツ大使館の公式ツイッターでも紹介されていました。

ではなぜフォークを突き刺して提供するのでしょうか。

実はこの現象の理由は単純なもの。フォークをあらかじめ刺しておくのは、ケーキを運ぶときに皿からフォークが落ちないようにするためであり、ケーキを倒して出すのは途中で倒れてしまう事を防ぐためという、なんとも合理的な理由からなんですね。

ドイツはケーキにフォークを刺して提供するのが当たり前!? 海外の驚きの食事風景 - レタスクラブニュース

「フォークが落ちないように」というなんとも単純な理由ですが、かなり大胆な方法ですね。

お箸で食べ物を突き刺すのはマナー違反とされる日本ではまず見ることのない光景ですが、まさにところ変われば…

ウィーンではザッハートルテで有名なカフェ・ザッハーやデメルも訪れましたが、そちらではケーキとフォークはお皿に乗せた状態で運ばれてきました。

おそらくオーストリアでは一般的ではないようですが、このドイツの文化を知らずにフォークの刺さったケーキを目にすると本当にびっくりします。

さいごに

博物館内にある“Cafe KHM”は、カフェを利用しなくとも一見の価値がある美しいカフェで、大理石の床や豪華な装飾が施された空間で観光の合間に一息つくのもおすすめです。

そして、もしドイツやオーストリアでケーキをいただく際にフォークが突き刺さった状態で運ばれてきても文化の違いです。そのまま美味しくいただきましょう。

www.hikaruhotaru.com

www.hikaruhotaru.com