ヒカルホタル

お店情報や旅行、お出かけ情報をお伝えするブログ

【フィリピン・ボラカイ】カティクラン空港とクリムゾン リゾート & スパ ボラカイのアクセス

半年間の全島閉鎖を経て再開したフィリピンのリゾート、ボラカイ島を1月下旬に訪れました。

宿泊したホテルと空港からホテルまでのアクセスについて紹介します。

宿泊したクリムゾン リゾート&スパ ボラカイ

f:id:hikaruhotaru:20190305052913j:image

今回のボラカイ島旅行で宿泊したのは、通称ステーションゼロと呼ばれる島の北西のビーチに建つCrimson Resort & Spa Boracay(クリムゾンリゾート&スパ ボラカイ)です。

クリムゾンリゾートはフィリピンのセブ、マクタン島で人気のリゾートで、ボラカイは2018年にオープンしたばかりの新しいホテルです。

宿泊予約サイトHotels.com(ホテルズドットコム)から予約しました。

そのほかExpedia(エクスペディア)agoda(アゴダ)Booking.com(ブッキングドットコム) などからも予約可能です。

クリムゾン ボラカイではカティクラン空港からの無料送迎が利用可能です。

事前にホテルとコンタクトを取り、利用する飛行機の情報を連絡します。

カリボ空港を利用する場合は別途料金がかかります。

カティクラン空港

ボラカイ島に空港はないため、隣りのパナイ島にあるカティクラン空港を利用します。

カティクラン空港(Caticlan)の正式名称はゴドフレド・P・ラモス空港(The Godofredo P. Ramos)

新ターミナルが建設中で、現在は到着ターミナルと出発ターミナルが別の場所に分かれています。

到着ターミナル

カティクラン空港の到着ターミナル

こじんまりとした倉庫のような外観の到着ターミナル。

カティクラン空港のバゲージクレーム

到着ターミナル内に入ると右手がバゲージクレームです。

ターンテーブルは無く、空港スタッフが手作業で台の上に荷物を降ろしていきます。

カティクラン空港内にあるATMとSIMカード販売ブース

ターミナル内にはATMとSIMカードを販売するブースがあります。

カティクラン空港の外で待機する送迎車や大型バス

ターミナルの外にでるといくつかのリゾートやツアーの送迎スタッフが待っていますので合流します。

出発ターミナル

カティクラン空港の出発ターミナル

港から空港の出発ターミナルまでは車で5分ほどで到着します。

カティクラン空港出発ターミナル前に並ぶレストランや売店

ターミナルの向かいにはレストランや売店が並んでいます。

カティクラン空港のチェックインカウンター

ターミナル入口でパスポートとe-チケットのチェックを受け、ターミナル内に入り、各航空会社のチェックインカウンターにてチェックインの手続きをします。

カティクラン空港のゲート前の待合室

セキュリティーゲートを抜けるとゲート前の待合室になります。


カティクラン空港内の売店

カティクラン空港内にあるスターバックス

ゲート前にはパンやドリンク類販売する売店、スターバックス、奥にお土産品の売店があります。

スターバックスではドリンクカップに名前を書いて渡されますが、注文時に男性スタッフさんは私が名前を告げると「ジャパニーズ?」「おー!おはようございます」と笑顔で挨拶。

受け渡しの時も今度は女性のスタッフさんが「日本人?」「こんにちは。ありがとうございます」とまたとびきりの笑顔で挨拶してもらえました。

お客さんの列が途切れることなく忙しい状況だったと思いますが、こちらも思わず笑顔になるフレンドリーなスタッフさん達でした。

カティクラン空港からボラカイ島のホテルまで

クリムゾン・リゾート・ボラカイの送迎車

こちらがクリムゾンリゾートの送迎車です。

カティクラン空港から港までの道と地元の人が乗るジープニー

空港を出発し、ボラカイ島行きのボートが出る港へ向かいます。
途中すれ違ったフィリピンでローカルの人々が利用する乗合バスのジープニー。

人が車の上にも後ろにも乗っている様子を見ると東南アジアにいることを改めて実感します。

港のリゾート専用ラウンジ
10分程で港のそばにあるラウンジに到着。

ホワイトビーチに複数のホテルを持つヘナンリゾートと共用のようです。

ラウンジ内で提供されたボトルウォーター

中に入るとボトルのお水が配られました。

ボラカイ島へ上陸するために記入するアライバルカード
ここでボラカイ島のアライバルカードを記入します。

氏名や国籍など、入国カードのような内容です。

手の甲に押されたボラカイ島の上陸許可のスタンプ

カードを記入し、スタッフに渡すと手の甲にスタンプが押されます。

入島許可証のようなものだと思われます。

ボラカイ島への移動に使用するスピードボート
ラウンジに10分ほど滞在したあと、ホテル専用のスピードボートでボラカイ島へ向かいます。

波打ち際から乗船するスピードボート
波打ち際からそのまま歩いて直接ボートに乗る必要があったので靴が濡れないかちょっと心配でしたが、波が引いたタイミングを計って乗れば濡れずに済みました。

ボラカイ島の港

5分ほどでボラカイ島へ到着。

スピードボートだとあっと言う間です。

再びホテルの送迎車に乗りリゾート島の北東にあるリゾートへ向かいます。


ボラカイ島のローカル向けの商店

ボラカイ島のローカル向けの商店

島を北に進むとホテルや飲食店が集中するホワイトビーチに比べてローカル色が濃くなっていきます。

クリムゾンボラカイのゲートと小道
リゾートのゲートに到着。

ここからさらに海の方へ敷地内の坂を下っていきます。

クリムゾンリゾート&スパボラカイのエントランス
ホテルに到着です。


おしぼりとウェルカムドリンク

ホテルからプレゼントされたブレスレット

おしぼりとウェルカムドリンクのサービス。

そして、小さな貝殻のチャームがついたブレスレットをプレゼントしていただきました。

デポジットの支払いやチェックインの手続きを済ませ、お部屋への案内となります。

さいごに

カティクラン空港からホテルまでは無料送迎があったので、行きも帰りも移動はスムーズでした。

ホテル専用のスピードボートは濡れることもなく、港の使用税等の支払いもホテルスタッフがまとめて代行してもらえるのでとても楽チンです。