ヒカルホタル

食べ歩き、街歩き、旅など好きなコト、モノを綴ります

【フィリピン/エルニド】アイランドホッピングツアー

ラゲンアイランドリゾート滞在3日目は、アイランドホッピングツアーに参加しました。 

フィリピン最後の秘境と呼ばれるエルニドの魅力を堪能できる人気のツアーです。

ツアーの概要

朝8時から夕方4時までの1日ツアーです。

ボートでラゲンアイランドより北西に位置するMiniloc Island(ミニロック・アイランド)周辺に向かい、有名なビッグラグーン・スモールラグーンを巡り、シュノーケリングを楽しみます。

その後、リゾートが所有するビーチクラブでランチ、自由時間となります。

出発15分前の7:45にリゾート内のダイブセンター前に行き、シュノーケリングのマスクとフィン、ライフジャケットを受け取ります。

Miniloc Island Resort

f:id:hikaruhotaru:20181015185847j:plain

エルニドリゾーツの中で一番初めに建てられたミニロック・アイランド・リゾート。

現在は大規模な改修工事中で閉鎖されており、2018年の年末の再開予定とのことです。

工事中なので上陸はせず、次の目的地へ向かいます。

Small Lagoon

ミニロックアイランドの北東に位置し、アイランドホッピングツアーの目玉となる人気のスポットです。

f:id:hikaruhotaru:20181015180224j:plain

ラグーンの少し手前からシーカヤックで写真奥にあるスモールラグーンを目指します。

f:id:hikaruhotaru:20181015181338j:plain

シーカヤックを漕ぎ進めていくと、カヤックがギリギリ通れる大きさの岩に囲われた入り口が見えてきます。

f:id:hikaruhotaru:20181015181832j:plain

岩にぶつからないように少し慎重に進みます。

f:id:hikaruhotaru:20181015181857j:plain

このような狭い入り口は探検のようでわくわくします。

f:id:hikaruhotaru:20181016015022j:plain

入り口を抜けると四方を岩山に囲まれた空間になっています。ここがスモールラグーンです。

f:id:hikaruhotaru:20181016022134j:plain

カヤックの数の関係で、ツアー参加者内で時差をつけて出発していました。

そのおかげか、グループツアーとしては珍しく、ラグーン内にいるのは自分たちだけという時間ができました。

山の中にぽっかりと穴が開いたようなラグーン内はシーンと静まり返り、時折鳥の鳴き声がするだけ。

エメラルドグリーンの水の上をプカプカと漂っていると、まるで異次元の世界に引き込まれたかのような不思議な感覚がしました。

ツアーが重なるとカヤックの渋滞ができることもあるという人気の観光スポットで、とてもラッキーな時を過ごせました。

Big Lagoon

スモールラグーンの隣にあり、もっと大きな入り江になっているビッグラグーン。

ここはツアーのボートで通過し、景色や写真撮影を楽しみます。

f:id:hikaruhotaru:20181016054603j:plain

撮影スポットなので、スタッフさんがボートの先端でグループごとに写真をとってくれました。

f:id:hikaruhotaru:20181015210347j:plain

水が透き通っていてとても美しいエメラルドグリーン色をしています。 

Secret Lagoonでシュノーケリング

f:id:hikaruhotaru:20181016012804j:plain

シュノーケリングポイントへ移動し、30分ほどシュノーケリングを楽しみます。

f:id:hikaruhotaru:20181016010705j:plain

右側のお魚はこちらへ近寄ったり遠ざかったり、何度もクルクル回転するように泳いでました。

f:id:hikaruhotaru:20181016005111j:plain

気がつくと魚群がすぐそばに。

まるで道があるかのように綺麗に列を成して進んでいきます。

f:id:hikaruhotaru:20181016012233j:plain

透明度はそれほど高くはなかったものの、それなりに楽しめました。

f:id:hikaruhotaru:20181015210848j:plain

移動中にみた無人島らしい白砂の小さなビーチ。

景色に飽きることはありません。

Entalula Beach Club

ビーチクラブについて

f:id:hikaruhotaru:20181015194342j:plain

エルニドリゾーツグループの宿泊者が利用できるエンタルラアイランドにあるビーチクラブです。

エンタルラアイランドは、ミニロックアイランドとラゲンアイランドの間に位置する島です。

f:id:hikaruhotaru:20181015193710j:plain

レストランとバーがあり、トイレとシャワーも完備されているので快適に過ごせます。

シュノーケルはもちろん、シーカヤックやスタンドアップパドルボートがあるので自由に遊べます。

f:id:hikaruhotaru:20181015200202j:plain

十分な広さのあるビーチには同じツアーの参加者しかいないので、とても開放的です。

f:id:hikaruhotaru:20181015195401j:plain

ビーチベットもあります。

f:id:hikaruhotaru:20181015191551j:plain

ビーチの左右にこのようなカバナのような屋根付きのビーチベッドとハンモックが並んでいてこちらも自由に使えます。

ここで波の音を聞きながら暫くの間ぼーっと景色を眺めていましたが、シーカヤックとシュノーケリングで少し運動したあとだったので、いつの間にか眠ってしまっていました。

f:id:hikaruhotaru:20181016061245j:plain

海の水は澄んでいてとてもきれいです。

写真のとおり14時頃に空が暗くなってきて、ほどなくして雨が降ってきました。

このようなときに屋根付きのビーチベッドがあるのは助かります。

雨は15分ほどで止み、そのあとは再び海で遊ぶことができました。

自然の中で優雅にいただくランチ

11:45にランチタイムとなりました。

f:id:hikaruhotaru:20181015183217j:plain

ビーチの木陰になっているテーブルでいただきました。

椅子の上にパンやサラダが入っているランチボックスが置かれていて、席を決めるとスタッフがテーブルの上に食事を用意してくれます。

f:id:hikaruhotaru:20181015182304j:plain

こちらが本日のランチ。

パンに野菜の種類が豊富なサラダ、ハムやサラミ、スモークサーモンのプレートにメインのグリルチキンなど。

デザートはバナナブレッドケーキにフルーツの盛り合わせ。

そしてマンゴージュース。

f:id:hikaruhotaru:20181015182801j:plain

メインはグリルされた鶏肉、白身魚、エビです。

出来立てをサーブされるので熱々の状態をいただけます。

f:id:hikaruhotaru:20181015183946j:plain

木製の器やパンダンリーフで編んだ器に緑の葉が敷かれた食器でエコでナチュラルな食卓です。

f:id:hikaruhotaru:20181015185159j:plain

みずみずしく新鮮なサラダや果物、マンゴー100%ジュースは果肉付きでとってもおいしかったです。

素敵な景色とおいしい食事。とても充実したランチタイムでした。

さいごに

フィリピン最後の秘境と呼ばれるエルニド。

その魅力がつまったアイランドホッピングツアーは参加して大正解でした。

ビーチクラブでのランチと自由なひとときはとても良い思い出になりました。