ヒカルホタル

食べ歩き、街歩き、旅など好きなコト、モノを綴ります

北新地でいただくお値打ちランチ「石和川」

梅田の南側に広がり高級飲食店が所狭しと立ち並ぶ北新地エリア。

東京でいうと銀座のような場所です。

夜はお高くなかなか足が向かない場所ではありますが、お昼はかなりお得なランチを提供されているお店もあります。

その中で大変口コミが良く、気になっていたお店を訪れてみました。

和食の名店「石和川」

粋餐 石和川
〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-2-9 第1三好ビル1・2F
10,000円(平均)1,000円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp北新地で30年以上続く和食のお店「石和川」

f:id:hikaruhotaru:20180908231246j:plain

ビルの入り口はこちらです。

様々な飲食店が入るビルは一見和食のお店があるように見えないので少し迷うかもしれません。

f:id:hikaruhotaru:20180908231148j:plain

ビルに入るとすぐ目の前がお店の入り口になります。

オープンキッチンのカウンター席が並び、その奥に仕切りのある個室のお席があります。

この日は個室に通されました。

f:id:hikaruhotaru:20180908231645j:plain

地図

お得なランチのメニュー

f:id:hikaruhotaru:20180908225215j:plain

夜のコースは8000円~の同店ですが、ランチは定食があり、デザート付でもなんと1000円からいただけます。

こういったお店のお得なランチは平日のみの場合が多いなか、こちらは土曜日も利用できるのがありがたいです。

いただいた天婦羅定食

天婦羅定食 1500円をオーダーしました。

f:id:hikaruhotaru:20180908225808j:plain

じゃこご飯、お味噌汁、香物、小鉢の胡麻豆腐

天婦羅は揚げたてを数回に分けて提供されます。

どれも上品でさすがのお味。

お味噌汁ひとつとってもお出汁のとり方など丁寧なお仕事をされているのがわかりますね。

大根の漬物なども自然な甘みでとてもおいしいです。

f:id:hikaruhotaru:20180908230419j:plain

初めの天婦羅は、蓮根、さつまいも、万願寺唐辛子、海老

カリッと揚げられた天婦羅は口に入れるとサクッと良い音がします。

えびはぷりっぷりでジューシー。根菜はホクホク、万願寺唐辛子も甘みが凝縮されていました。

f:id:hikaruhotaru:20180908232712j:plain

2回目の天婦羅

茄子、明石のかさご、いんげん、とうもろこし

野菜はどれも中はみずみずしく甘みがあります。

かさごは身がふっくらしていてとても美味しかったです。

f:id:hikaruhotaru:20180908234318j:plain

3回目の天婦羅

ホタテ、イカの墨揚げ、みょうが、しめじ

ホタテはぷりっぷりでとても甘く、珍しいイカの墨揚げは香ばしくイカの身は肉厚で柔らかかったです。

f:id:hikaruhotaru:20180908232307j:plain

4回目の天婦羅

舞茸、あなご、トマトのバジル巻き

香りが豊かな舞茸に身がふわふわのアナゴ。

最後のトマトのバジル巻きは天婦羅としては意外でしたがさっぱりとしていて最後にふさわしい一品でした。

f:id:hikaruhotaru:20180908230917j:plain

デザートのアイスクリーム

このお値段とボリュームでさらにデザートが付くのはとてもうれしいです。

お茶と一緒に美味しくいただきました。

さいごに

北新地の夜は高級な和食のお店でいただくとってもお得なランチ。

お味はもちろん、ボリュームに驚きました。

焼き魚定食などは1000円と本当にリーズナブルなので、ぜひまた伺いたいと思います。