ヒカルホタル

食べ歩き、街歩き、旅など好きなコト、モノを綴ります

名物は肉ぶっかけうどん「麺処綿谷」

香川県うどん店巡り日帰り旅行。

この日の2軒目に訪れたお店を紹介します。

名物は「肉ぶっかけ」さぬきのうどん店「麺処綿谷」

f:id:hikaruhotaru:20181127224027j:plain

丸亀市にある肉ぶっかけうどんが人気の麺処綿谷。

先代が1948年丸亀市に食堂を開業し、その後企業向けの給食弁当や社員食堂の経営するようになりました。

社員食堂のうどんコーナーでは製麺会社より仕入れたうどんを提供していましたが、2代目となる現社長がうどんの研究を重ね、自社製造に変更しました。

そしてうどん店を開きたいという気持ちが強まり、1997年に麺処綿谷をオープン。

麺処綿谷の名物は肉ぶっかけ。

社員食堂のメニューであった牛丼のお肉をうどんにも使用したところ「肉うどんの美味しいお店」と評判を呼びました。

肉ぶっかけは常連客から「冷たいぶっかけに肉をのせて」との要望で生まれ、今では一番人気のメニューとなっているそうです。

お店は現在、丸亀店と高松店の2店舗があります。

おもてなしの心と高い回転率

社員食堂を手がける会社でもあり、お昼休みなど限られた時間内で早く安く満足していただけること目標にされているそうで、作業の分業化や効率化など工夫がされています。

到着は12時半頃のちょうどお昼時でしたが回転が早いようでお店のすぐ前の駐車場に車を止められました。

お店の前には40人ほど行列してましたが、入店まで10分もかかりませんでした。

行列店ですが、駐車場に車をとめてからうどんをいただいてお店を出るまでわずか30分あまり。

回転率の良さはうどん屋巡りをする観光客にとってもありがたいですね。

f:id:hikaruhotaru:20181127225529j:plain

お店の入り口にはカメの石像と菊の花がありました。

季節を感じながら食事を満喫して頂きたいとの想いから、四季折々の生花を飾られているそうです。

 

 

メニュー

f:id:hikaruhotaru:20181127230242j:plain

こちらのうどんは小でも他店の2玉分、一般的なうどんの1杯分あります。

名物の肉ぶっかけのみハーフサイズが注文可能です。

f:id:hikaruhotaru:20181127230411j:plain

肉ぶっかけは牛肉ぶっかけと豚肉ぶっかけ、牛肉豚肉両方と温玉・わかめ入りのスペシャルの3種類があります。

また、麺と汁の温・冷も3種類から選べます。

麺も汁も冷たい「冷」、麺は冷たく汁が温かい「あつ」、麺も汁も温かい「あつあつ」です。

 

いただいたうどん

  • 牛肉ぶっかけうどん(あつあつ) 420円

f:id:hikaruhotaru:20181127230113j:plain

牛肉ぶっかけの麺も汁も温かい「あつあつ」を注文しました。

420円とは思えないボリューム満点のうどんです。

柔らかく煮込まれた牛肉はかなり甘めの味付け。

牛肉だけいただくと少々甘すぎると思いましたが、辛味のあるショウガと抜群に相性が良く、一緒にいただくと不思議なくらいさっぱりとした味になります。

麺の表面はツルツルでコシがあります。

そして産地にこだわったイリコや昆布などが使われているお出汁がとても美味しいです。

またすぐに訪れたいと思う、やみつきになるおいしさでした。

  • 冷やしうどん 290円

f:id:hikaruhotaru:20181127230123j:plain

氷でしっかりしまった麺がよりツルツルでコシが強く、噛みごたえがあります。

この日は秋でも日差しが強く暑かったので、さっぱりとしていて喉ごしの良い冷やしはより一層美味く感じました。

 

 

 

 

お店情報

麺処 綿谷
〒763-0015 香川県丸亀市北平山町2-6-18
350円(平均)350円(ランチ平均)

営業時間:8:30〜14:00

定休日:日曜日

座席数:130席

駐車場:50台

さいごに

香川の人気うどん店のひとつ「麺処綿谷」

名物の肉ぶっかけはやみつきになる美味しさでした。

行列のできるお店でも回転率は高く、早く、安く、美味しいうどんがいただけるお店です。