ヒカルホタル

食べ歩き、街歩き、旅など好きなコト、モノを綴ります

【台湾・台南旅行】台南で食べたいローカルフード「牛肉湯」(阿財牛肉湯)

台南を訪れたら食べておきたいローカルフードのひとつ「牛肉湯」(ニューロータン)

当初は日本のテレビ番組で紹介されていた台南市街にあるお店に行くつもりでしたが、安平エリアを観光していてお昼どきになったので、安平エリアで評判の良いお店を訪れました。

牛肉湯とは

牛肉湯(ニューロータン)は、新鮮な赤身の牛肉スライスを器に入れ、その上からうま味たっぷりのアツアツスープをかけて提供される料理です。

生のお肉はスープの熱のみで火を通します。

台南には牛肉の産地があり、新鮮なお肉が手に入り易いそうで、台南には牛肉湯の看板を掲げたお店がたくさんあります。 

阿財牛肉湯

f:id:hikaruhotaru:20181228011921j:plain

検索した評判が良いお店のなかで、安平古堡や安平老街など観光スポットに近くにある「阿財牛肉湯」を訪れました。

f:id:hikaruhotaru:20181228041352j:plain

相席のテーブルにプラスチック製の椅子が並んでいる庶民的な食堂です。

13時半頃に到着。

満席でしたがすぐに席が空いたので待ち時間は5分ほどでした。

メニューと注文方法

f:id:hikaruhotaru:20181228041410j:plain

お店の入り口に注文用紙と赤ペンがありますので、並んでいる間に自分で注文数を書き入れます。

順番がきたら注文用紙をお店の人に渡して会計を済ませ、案内された席につきます。

f:id:hikaruhotaru:20181228041807j:plain

メニューは鍋類、スープ、炒め物などがあります。

f:id:hikaruhotaru:20181228042307j:plain

お箸や薬味、タレはセルフサービスになっています。

f:id:hikaruhotaru:20181228042429j:plain

レジの隣には牛肉をカットするコーナーがあります。

包丁がすっと入るのが見え、お肉が柔らかそうなのがわかりました。

いただいた食事

f:id:hikaruhotaru:20181228042820j:plain

牛肉湯(小)100元

想像より色の濃いスープですが、飲んでみるとマイルドな味。

牛のうま味がきいている美味しいスープです。

f:id:hikaruhotaru:20181228043201j:plain

スープの熱だけで火を通した牛肉。

新鮮なので臭みは全くなく、写真だと伝わりにくいかもしれませんが、とても柔らかくて美味しいお肉です。

サイズは小でも充分にお肉はたくさん入っていました。

赤身なのでお肉の旨みはしっかり感じますがさっぱりといただけます。

朝食にも良さそうなスープです。

f:id:hikaruhotaru:20181228042621j:plain

セルフサービスのタレ。

地元の方を真似て、みじん切りの生タマネギとお酢の入った醤油ダレに千切りの生姜を混ぜています。

席についてから食事が提供される間にこのたまねぎと生姜をパクパクと食べている方を何人も見かけ、驚きました。

塩辛くないタレなのかなと思い、私も一口食べてみましたが、しょっぱくて生の生姜とタマネギは辛く、とても無理でした。

f:id:hikaruhotaru:20181228042856j:plain

肉燥飯 20元

台湾の定番料理のひとつ 肉燥飯(ルーローファン)は甘辛く煮た豚肉のそぼろかけご飯です。

f:id:hikaruhotaru:20181228043020j:plain

炒空芯菜 50元

野菜もいただきたかったので、空芯菜炒めも注文。

ボリュームがありますが日本円にすると200円未満とリーズナブルで美味しかったです。

お店情報

阿財牛肉湯

住所:台南市安平區古堡街5號

営業時間:11:00~翌2:00

facebook:https://www.facebook.com/TaiNanAnPingACaiNiuRouTang/

さいごに

台南で愛されるローカルフード「牛肉湯」

新鮮で柔らかい牛肉とマイルドな味のスープがとても美味しく、胃にも負担になりにくいやさしい食事がいただけました。

台南にはたくさんの牛肉湯のお店がありますので、食べ比べて好みのものをみつけてみるのもよいかもしれません。

今回訪れた「阿財牛肉湯」は安平の観光スポットから近く、観光の合間の食事におすすめです。